2007年06月03日

外反母趾

外反母趾は足の親指が骨を基盤として小指の方向に曲がってゆく器質的な病気で、体重が変わり易く靭帯が緩む中年以降や足に合わない靴を履く人に多く発生し、先端部の細いハイヒール等を履く女性に発現が多いとされる。通常、靴を変えるだけでは治る事は無く、矯正を必要とする。痛風やリウマチにも変形性関節炎を伴い同様の症状が見られるため、鑑別診断が必要である。形態学で紹介したエジプトタイプの足は、親指が長いと言う形態上今日の汎用型靴に合わず、外反母趾に罹りやすいとされる。
出典: フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』
【関連する記事】
posted by yk at 10:47| Comment(0) | TrackBack(0) | 日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/43721946

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。